TopPage > 痔(じ) > アヌソル座薬(12本)
  • NEW
  • 医薬品

アヌソル座薬(12本)

Anusol Suppositories (Zinc Oxide /Bismuth Subgallate /Balsam Peru / Bismuth Oxide)(12pcs)
【有効成分】
酸化亜鉛/次没食子酸ビスマ/ペルーバルサム/酸化ビスマス(Zinc Oxide /Bismuth Subgallate /Balsam Peru /Bismuth Oxide )

内痔核の諸症状を抑える座薬タイプの治療薬!たんぱく質と結合して皮膜をつくり、傷口の引き締め、保護、鎮痛効果などを発揮します!外科・効果治療後の諸症状緩和にも有効!
販売価格(税込): 2,810 円

アヌソル座薬は、単純な内痔核による痛みや不快感、または外科的または硬化療法した肛門直腸治療後の症状を緩和するために使用します。

痔核は俗にイボ痔と呼ばれるタイプの痔です。肛門部周辺にある痔静脈が圧迫されて血液の流れが悪くなり、血管がふくらんでこぶ状になった状態で、この静脈瘤からの出血や血栓(血豆)による腫れなどの症状がみられます。
中でも直腸下端の粘膜下にできる内痔核は、排便時に少量から大量の出血を伴うのが特徴です。痛みはほとんど感じませんが、症状が進行すると痔核が肛門の外にまで出てきたり、炎症を起こすことがあり、その場合は激しい痛みを感じるようになります。

内痔核の多くは薬剤や生活習慣の改善で治るとされており、出血や痛みなどの症状を緩和したり、便が出る時に肛門に負担をかけないようにする薬を使用するのが一般的です。アヌソル座薬は座薬タイプの薬で、有効成分の酸化亜鉛がたんぱく質と結合して皮膜を形成することで、収斂、止血、鎮痛、消炎、保護作用を発揮します。また傷口から出てくる液の吸収および分泌を抑制し、創面または潰瘍面などを乾燥させる働きを持つだけでなく、収斂作用を持つビスマスに加え、創面を保護する殺菌作用や、傷の治癒を促進する効果が期待できる天然のエッセンシャルオイルのペルーバルサムを配合しています。

これらの有効成分の相乗効果により、アヌソル座薬は内痔核の症状をすばやく緩和します。

肛門の周囲を清潔にした後、成人は夜、朝、および毎排便後に肛門に挿入します。

【禁忌】
・アヌソル座薬の成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重使用】
・直腸出血のある人
・便中潜血のある人

【使用上の注意】
・座薬以外の使用方法はおやめください。
・妊婦、授乳婦などの使用に関する安全性は確立していません。
・12歳以下の子供の使用に関する安全性は確立していません。

この商品に対するお客様の声