TopPage > 高血圧 > アルカミン(塩酸クロニジン)100mcg10錠 カタプレスのジェネリック薬
  • 医薬品

アルカミン(塩酸クロニジン)100mcg10錠 カタプレスのジェネリック薬

メーカー:
UNICHEM (製造国 インド)
Arkamin (Clonidine) - 100mcg (10 Tablets)
【有効成分】
塩酸クロニジン(Clonidine Hydrochloride)

血圧を上昇させる一因である交感神経の働きを抑えることによる降圧作用を発揮する高血圧治療薬。作用の発現が比較的早いうえに、脳卒中、心臓発作、腎機能障害を予防する効果もあるとされます。
販売価格(税込): 650 円

アルカミン100mcgは有効成分を塩酸クロニジンとする、高血圧治療に用いられる薬です。

実際に治療を受けている高血圧推定患者数は2008年の厚生労働省の調査において約797万人となっています。しかし実際には治療を受けていない潜在的な高血圧患者が3000万人以上存在していると推定されることから、日本人の約4人に1人が高血圧であるとされているほど身近な病気となっています。

また高血圧は原因となる病気が明確な二次性高血圧と原因が特定できない本態性高血圧に分類されていますが、その9割以上が塩分の多い食生活、運動不足、肥満、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣の乱れと関連した本態性高血圧であるとされています。

アルカミン100mcgの有効成分である塩酸クロニジンは主に脳幹部に存在する交感神経のα2受容体に作用し、血圧を降下させる作用を発揮する、交感神経α2受容体作動薬です。交感神経とは、別名「昼の神経」とも呼ばれている自律神経のうちの一つで、昼間、活発に活動している時に優位に働く神経です。特に緊張・興奮時に活発にな るという性質があり、血管を収縮させる、呼吸数を増加させる、心拍数や血圧を増加させるといった作用によって人間が精力的に活動するのを助ける働きがあり ます。

ところがこの交感神経の活発な状態が継続すると、その働きをさらに増強する刺激伝達物質であるノルアドレナリンが過剰に分泌されるようになり、結果として血管の収縮や腎臓からの昇圧物質の生成を促進することによる血圧上昇を招いてしまいます。
このノルアドレナリンの分泌量を調整しているのが脳幹部に存在しているα2受容体ですが、塩酸クロニジンはこの脳幹部のα2受容体に、ノルアドレナリンよりも早くくっつくことによって、受容体のノルアドレナリン分泌作用を抑制します。

この作用によって、ノルアドレナリンが交感神経を刺激することによる、交感神経の興奮状態が抑制され、結果として、昇圧作用をもたらす血管の収縮や腎臓からの昇圧物質の生成が抑えられ、血圧を降下させる作用を発揮するとされています。

通常、成人は初期服用量として1回50-100mcgを1日3回経口服用します。
維持療法としては症状に応じて1日300-1200mcgを服用しますが、1日の最大服用量が2400mcgを超えることがないようにしてください。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

以下の場合、アルカミン100mcgを絶対に服用しないでください。
・アルカミン100mcgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・遺伝性グルコース不耐容の人
・徐脈性不整脈などの心臓障害のある人

【慎重服用】

・腎障害のある人: 急激な降圧により腎機能を悪化させることがあります。

・虚血性心疾患または高血圧以外の原因による心不全のある人: 急激な降圧により心機能を悪化させることがあります。

・虚血性心疾患およびうっ血性心不全の既往歴のある人: 急激な降圧により心機能を悪化させることがあります。

・脳梗塞または脳血管障害のある人: 急激な降圧により症状を悪化させることがあります。

・高度の徐脈(著しい洞性徐脈)のある人: 症状を悪化させることがあります。

・発熱している人: 血圧、心機能などに著明な変化を来たすおそれがあります。

・高齢者

・うつの人

・糖尿病の人

・便秘の人

・末梢血管疾患のある人

・レイノー病の人

・四肢に影響をおよぼす神経障害のある人

【重要な基本的注意】
・起立性低血圧が現われることがあるので、臥位のみならず、立位または座位で血圧測定を行ない、体位変換による血圧変化を考慮し、座位にて血圧をコントロールしてください。

・アルカミン100mcgを服用している人で急に服用を中止すると、まれに血圧の上昇、神経過敏、頻脈、不安感、頭痛などのリバウンド現象が現われることがあるので、服用を中止しなければならない場合には、服用量を徐々に減らしてください。

・鎮静作用により反射運動などが減弱されることがあるので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う作業を行なう場合は注意してください。

高齢者では一般に過度の降圧は脳梗塞などが起こるおそれがあるため好ましくないとされているので、低用量から開始するなど状態を観察しながら慎重に服用してください。

妊娠中の服用に関する安全性は確立しておらず、また胎盤を通過することが報告されているため、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

塩酸クロニジンは母乳中に排出されるため、授乳中の女性は使用すべきではないとされています。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

「副作用」

アルカミン100mcgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
眠気、鎮静作用、疲労感、不安、めまい、倦怠感、見当識障害、徐脈、起立性低血圧、蒼白・レイノー様症状、口渇、悪心、食欲不振、下痢、便秘、心窩部膨満感、胸やけ、腹痛、陰萎、発疹、そう痒、鼻閉、血管神経性浮腫、眼の乾燥、血糖値の上昇、女性化乳房、唾液腺痛、手足のしびれ、インポテンス、性欲減退、睡眠障害、抑うつ、異常思考、興奮

極稀に起こる重篤な副作用
幻覚、錯乱

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声