TopPage > その他 >ADHD > アクセプタ25(塩酸アトモキセチン)25mg(10錠)
  • NEW
  • 医薬品

アクセプタ25(塩酸アトモキセチン)25mg(10錠)

メーカー:
Intas Pharmaceuticals Ltd.( 製造国 インド)
Axepta25 (Atomoxetine Hydrochloride) 25mg (10 Tablets)
【有効成分】
塩酸アトモキセチン(Atomoxetine Hydrochloride)

不足している神経伝達物質を増やしてその働きを活性化!情報伝達をスムーズにすることでAD/HD(注意欠陥/多動性障害)の諸症状をコントロールします!ストラテラのジェネリック薬!

【注意】この商品は、2018年1月施行予定の「個人輸入規制対象成分」を含んでいます。施行後、個人輸入には処方箋または医師の指示書が必要になります。
詳細については厚生労働省(電話:03-5253-1111)に直接お問い合わせください。
販売価格(税込): 1,050 円

アクセプタ25は、AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の治療薬です。

AD/HDは小児期に発症し、不注意(物事に集中できない、忘れ物が多い、など)、多動性(落ち着きがない、じっとしていられない、など)、衝動性(思いついた行動を唐突に行なう、順番が待てない、など)を中心的な症状とする発達障害のひとつです。原因ははっきりとわかっていませんが、遺伝的要因、何らかの障害による脳の異常、脳内の神経伝達物質のバランス不均衡などの機能異常、環境的な要因などが複雑に絡み合って発症すると考えられています。

AD/HD治療における薬物療法は、非薬物療法を行なっても症状をコントロールすることが困難な場合や、症状が強い場合に用いられます。AD/HDでは脳内の神経伝達物質であるドパミンやノルアドレナリンの作用が不足気味であると言われており、その治療薬のほとんどは不注意や多動性・衝動性を軽減させることを主な目的としています。

アクセプタ25の有効成分であるアトモキセチンは、脳の前頭前野の神経終末にあるノルアドレナリントランスポーターを選択的に阻害し、放出されたドパミンやノルアドレナリンが再び取り込まれるのを阻止することで、これらの神経伝達物質の濃度を上昇させます。服用開始後2週間程度で効き目があらわれ始め、6-8週間で充分な効果が発揮されることが確認されており、またほかの受容体にはほとんど作用しないため、副作用も比較的少ないと考えられています。

通常、1日1回を朝に経口服用します。食前・食後は問いません。
1日1回の服用で効果が現われない場合は、1日2回(朝および夕方)に服用します。

●服用量
・体重70kg未満(大人、子ども)の人:
1日の総服用量は約0.5mg/kgとします。
増量する場合は、その前に最低でも7日間は上記量を服用してください。
推奨維持量は1日約1.2mg/kgとします。

・体重70kg以上(大人、子ども)の人:
1日の最大総服用量を40mgとしてその範囲内で服用します。
増量する場合は、その前に最低でも7日間は上記量を服用してください。
推奨維持量は1日80mgとしますが、1日100mg以上は服用しないでください。

アトモキセチンの服用は、AD/HD治療に関する国際臨床ガイダンスに基づいて行なってください。

【禁忌】
・アクセプタ25の成分に対し過敏症の既往歴のある人
・MAO阻害剤を服用中あるいは服用中止後2週間以内の人
・重篤な心血管障害のある人: 血圧または心拍数を上昇させ、症状を悪化させるおそれがあります。
・褐色細胞腫またはその既往歴のある人: 急激な血圧上昇および心拍数増加の報告があります。
・閉塞隅角緑内障の人: 散瞳があらわれることがあります。

【慎重服用】
・肝機能障害のある人: 血中濃度が上昇するおそれがあります。
・腎機能障害のある人: 血中濃度が上昇するおそれがあります。
・けいれん発作またはその既往歴のある人: けいれんを起こすことがあります。
・心疾患(QT延長を含む)またはその既往歴のある人: 症状を悪化または再発させるおそれがあります。
・先天性QT延長症候群の人またはQT延長の家族歴のある人: QT延長を起こすおそれがあります。
・高血圧またはその既往歴のある人: 症状を悪化または再発させるおそれがあります。
・脳血管障害またはその既往歴のある人: 症状を悪化または再発させるおそれがあります。
・起立性低血圧の既往歴のある人: アクセプタ25の服用による起立性低血圧の報告があります。
・以下の精神系疾患のある人: 行動障害、思考障害またはそう病エピソードの症状が悪化するおそれがあります。精神病性障害、双極性障害
・排尿困難のある人: 症状を悪化させるおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・アクセプタ25を使用する医師または医療従事者は、使用前に使用する人(小児の場合には患者および保護者、またはそれに代わる適切な人)に対して、アクセプタ25の治療上の位置づけおよびアクセプタ25使用による副作用発現などのリスクについて、充分な情報を提供すると共に、適切な使用方法について指導してください。
・アクセプタ25を長期間使用する場合には、必要に応じて休薬期間を設定するなどして、定期的に有用性の再評価を実施してください。
・臨床試験でアクセプタ25服用中の小児において、自殺念慮や関連行動が認められているため、アクセプタ25を服用中の人はこれらの症状の発現について注意深く観察してください。
・攻撃性・敵意はAD/HDにおいてしばしば観察されますが、アクセプタ25の服用中にも攻撃性、敵意の発現や悪化が報告されています。服用中は攻撃的行動、敵意の発現または悪化について観察してください。
・アクセプタ25を通常量服用していた精神病性障害やそう病の既往がない人において、幻覚などの精神病性またはそう病の症状が報告されています。このような症状の発現を認めたら、アクセプタ25との関連の可能性を考慮してください。服用中止が適切な場合もあります。
・眠気、めまいなどが起こることがあるので、アクセプタ25の服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事しないよう注意してください。
・心血管系に対する影響を観察するため、アクセプタ25の服用中は、定期的に心拍数(脈拍数)および血圧を測定してください。
・アクセプタ25は血圧または心拍数に影響を与えることがあるので、アクセプタ25を心血管障害のある人が使用する際は、循環器を専門とする医師に相談するなど、慎重に使用の可否を検討してください。また、心疾患に関する病歴、突然死や重篤な心疾患に関する家族歴などから、心臓に重篤ではないが異常が認められる、もしくはその可能性が示唆される人がアクセプタ25の使用を検討する場合には、使用開始前に心電図検査などにより心血管系の状態を評価してください。
・小児がアクセプタ25を長期間服用した場合に体重増加の制御、成長遅延が報告されていることから、アクセプタ25の服用が長期にわたる場合には小児の成長に注意し、身長や体重の増加が思わしくないときは減量または服用の中断などを考慮してください。

【副作用】
●主な副作用
食欲減退、腹痛、下痢、悪心、嘔吐、便秘、食欲不振、消化不良、頭痛、傾眠、体位性めまい、睡眠障害、易刺激性、攻撃性、不快気分、不眠症、浮動性めまい、チック、早朝覚醒、気分変化、ふるえ、抑うつ気分、幻覚を含む感覚障害、錯覚感、感覚鈍麻、うつ病、不安、そう痒症、発疹、動悸、頻脈、血圧上昇、心電図QT延長、失神、レイノー現象、皮膚炎、多汗症、体重減少、胸痛、胸部不快感、生殖器痛、擦過傷、結膜炎、排尿困難、無力症、持続勃起、勃起時疼痛、散瞳、疲労、尿閉

●極稀に起こる重篤な副作用
肝機能障害、黄だん、肝不全、アナフィラキシー様症状

この商品に対するお客様の声