TopPage > 感染症治療(抗生物質・抗菌剤) > ジノ・トラボゲン(硝酸イソコナゾール)600mg 

ジノ・トラボゲン(硝酸イソコナゾール)600mg 

メーカー:
Bayer バイエル (製造国 トルコ)
Gyno-Travogen (Isoconazole Nitrate) - 600mg (1 Ovule)
【有効成分】
硝酸イソコナゾール(Isoconazole Nitrate)

膣に直接挿入するタイプのカンジダ性膣炎および外陰膣炎の治療薬。細胞にとって必要不可欠な細胞膜の構造を破壊することで増殖を抑えます。
販売価格(税込): 1,750 円

ジノ・トラボゲン600mgは、膣カンジダに起因する膣炎および外陰膣炎の症状を改善する膣挿入型の薬です。

カンジダが原因となり、膣や外陰部に炎症が起きた状態をカンジダ膣炎またはカンジダ(性)外陰膣炎と呼びます。性器に激しいかゆみを伴い、やがてヒリヒリする痛みが出現するだけでなく、酸味のあるにおいを発するヨーグルトや酒粕のような白または淡黄色のオリモノが増えてくるのが特徴です。

カンジダ真菌は常在菌であるため、一般に適切な治療をすることで膣カンジダ症は短期間で治ります。主に膣錠や外用薬が使用する薬物療法が行なわれますが、 その治療薬のひとつがアゾール系抗真菌薬であるジノ・トラボゲン600mgです。全般的に効き目がよく、刺激痛などの副作用が比較的少ないのが特徴です。

細胞は、その細胞構造を保持するために細胞膜に覆われています。また細胞膜は、膜内外のイオン濃度の維持、栄養物の摂取、老廃物排出などの機能を備 えており、細胞の生存に欠かすことができません。ところがジノ・トラボゲン600mgの有効成分であるイソコナゾールは、この細胞膜の透過性を迅速かつ強 力に変化させることで細胞呼吸を抑制し、細胞膜構造を破壊します。

通常、1週1回1錠を膣深部に挿入します。
なお、真菌学的効果(一次効果)が得られない場合は、600mgをさらに1回使用します。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

以下の場合、ジノ・トラボゲン600mgを絶対に使用しないでください。
・ジノ・トラボゲン600mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【高齢者】
・一般に生理機能が低下しているので、状態を観察しながら慎重に使用してください。

【妊婦、産婦、授乳婦など】
・ジノ・トラボゲン600mgの妊娠初期の使用に関する安全性はまだ確立していないため、妊娠3ヵ月までの妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断去れる場合にのみ使用してください。

●主な副作用
疼痛、腫脹感、そう痒感、発赤、刺激感、熱感

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声