TopPage > 高血圧 > イルベコール (イルベサルタン)300mg 28錠
  • 医薬品

イルベコール (イルベサルタン)300mg 28錠

IRBECOR (Irbesartan) - 300mg (28 Tablets)
【有効成分】
イルベサルタン(IRBESARTAN)

高血圧治療のイルベタン錠ジェネリック。作用時間が長く、副作用が少ないのが特徴。糖尿病性腎症への効果が承認された最初のアンジオテンシンII拮抗薬(ARB)。
販売価格(税込): 1,380 円

イルベコールは本態性(原因が特定できない)高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症の治療に有効とされるアンジオテンシンII拮抗薬(ARB)です。

高血圧は別名サイレントキラーとも呼ばれていますが、これは高血圧が自覚症状に乏しいまま進行し、日本人の死因の2位、3位を占める心臓病や、脳梗塞といった重篤な合併症を誘発するところにあります。実際これらの合併症を引き起こす直接の原因となっているのは動脈硬化ですが、動脈硬化そのものは高血圧による血管への負担や損傷によって発症、進行していくため高血圧症とその合併症の関連性が重視されています。

また高血圧は原因となる病気が明確な二次性高血圧と原因が特定できない本態性高血圧に分類されていますが、その9割以上が塩分の多い食生活、運動不足、肥満、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣の乱れと関連した本態性高血圧であるとされています。

血圧上昇に大きくかかわっているのがアンジオテンシンIIという生理活性物質です。アンジオテンシンIIとは肝臓で生成されたアンジオテンシノーゲンという物質が血液と共に体内を巡回している間に、腎臓から分泌されるレニン、血管内皮細胞から分泌アンジオテンシン変換酵素(ACE)といった酵素によって変換されることによって生成されます。

生成されたアンジオテンシンIIは血管を収縮させて血管の抵抗性を高くしたり、副腎から分泌され体液や塩分を貯留させるアルドステロンというホルモンの分泌を促進して血液量を増加させるなどによって強力な血圧上昇作用を発揮します。

アンジオテンシンII拮抗薬(ARB)はこのアンジオテンシンII受容体のうち血圧上昇作用を発揮するAT1受容体(レセプター)に選択的に結合し、アンジオテンシンIIがAT1受容体と結合できなくなるようにします。このAT1受容体(レセプター)遮断作用によりアンジオテンシンIIによってもたらされる昇圧効果が妨げられ、結果として血圧が降下させられることになります。

●本態性(原因が特定できない)高血圧症
成人:通常は1日1回150mgを食前食後を問わずに服用します。
150mgの服用で充分な効果が認められない場合には、服用量を300mgまで増量するか、他の降圧剤と併用することも可能とされています。

●糖尿病性腎症を合併する高血圧症
成人:通常は1日1回150mgを食前食後を問わずに服用することから開始します。
症状において1日300mgまでの増量が可能とされています。

・75歳以上の高齢者においては1日1回75mgからの使用を考慮すべきとされています。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

【使用禁忌】
・有効成分であるイルベサルタン、及びそのほかの成分に過敏症の方へのイルベコールの使用は禁忌とされています。
また使用中に過敏症症状が現れた場合には使用を中断し、医師に相談するようにしてください。

・イルベコールの使用によって胎児の頭蓋骨形成不全や死亡が引き起こされる危険性が指摘されているため、妊娠中期、後期の方におけるイルベコールの使用は禁忌とされています。
また使用中に妊娠が発覚した場合や、妊娠初期の方は速やかに他の治療法に切り替えてイルベコールの使用を中断するようにしてください。

・イルベサルタンはネズミの母乳中に排出されることが確認されています。
授乳による乳幼児への安全性が解明されていないため、授乳中の方におけるイルベコールの使用は禁忌とされています。

【重要な基本的注意】
・降圧剤の使用によって目眩や疲労が引き起こされる場合があります。
このような症状が経験される場合、車の運転や機械の操作には充分な注意が必要とされています。

・腎臓機能の低下がみられる患者はイルベコールの使用中、血中のカリウム及びクレアチニン濃度を観測するための定期的な血液検査が必要とされています。

・心疾患や糖尿病性腎症を併発している患者はイルベコールの使用中、血中のカリウム濃度を観測するための定期的な血液検査が必要とされています。

・イルベコールのようなアンジオテンシンII拮抗薬は、原発性アルドステロン症ヲ原因とする高血圧症には効果がないとされています。そのためこのような患者におけるイルベコールの使用は適切でないとされています。

・成人前の小児における安全性は確認されていません。

【使用における基本的な注意】
以下に該当する方におけるイルベコールの使用は注意が必要とされています。
・75歳以上の高齢者
・腎機能の低下のある人
・血液透析を受けたり、腎不全を患っている人
・腎動脈狭窄症を患っている人
・うっ血性心疾患を患っている人
・閉塞性肥大型心筋症を患っている人
・重度の心不全を患っている人
・僧帽弁狭窄症を患っている人
・大動脈弁狭窄症を患っている方
・利尿薬の使用や減塩食、下痢や嘔吐などによって体液及び体内の塩分の濃度が低下している人

イルベコールの使用における副作用には、以下の症状が挙げられます。
これらの症状や、他に気になる症状が現れて継続するような場合には、医師に相談するようにしてください。

・主な副作用
目眩、疲労、起立性めまい、起立性低血圧など

・極稀に起こる重篤な副作用
頻脈、紅潮、咳、下痢、消化不良、胸やけ、性機能不全、胸の痛み、骨格筋の痛み、高カリウム血漿、頭痛、耳鳴り、味覚不全、肝機能の異常、肝炎、筋肉痛、関節痛、腎機能障害など

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声

その他のオススメ商品

カルベア(イルベサルタン)300mg 28錠

販売価格(税込): 2,750 円

カルベア(イルベサルタン)75mg 28錠

販売価格(税込): 1,050 円

カルベア(イルベサルタン)150mg 28錠

販売価格(税込): 1,890 円