TopPage > 脂質異常症(コレステロール値) > ライペックス (シンバスタチン) 10mg 30錠
  • 医薬品

ライペックス (シンバスタチン) 10mg 30錠

メーカー:
Merck&Co MSD製薬会社 (製造国 ニュージーランド )
【有効成分】
シンバスタチン(Simvastatin)

コレステロールを体内で作る酵素の働きをおさえ、血液中のコレステロールの量を減らす、高脂血症や心筋梗塞予防に効果的なプロドラッグ。
販売価格(税込): 4,020 円

ライペックス10mgはシンバスタチンを主成分とする高脂血症治療薬で、体内で代謝を受けてから薬作用を起こすプロドラッグです。

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪といった脂質が異常に多い状態のことで、動脈硬化を引き起こし狭心症や心筋梗塞などの心臓病や脳血栓、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの原因となります。

一般にコレステロールと聞くとあまりいい印象がありませんが、実際は外部から細胞内部を守る「細胞膜」を構成しており、またホルモンや食物脂肪の消化を助ける原料としても不可欠な物質です。 コレステロールには通常「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールと、「善玉」と呼ばれるHDLコレステロールがあります。

厳密にはLDL、HDLはコレステロールではなくコレステロールを運ぶ物質ですが、前者はコレステロールを細胞へ、後者は血液中に余っているコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割をしています。 通常はこのバランスが保たれているため何の問題も起こりませんが、加齢や高血圧、肥満、更年期などの原因で悪玉が増え過ぎると血液中にコレステロールが 余って酸化し、さらに中性脂肪などの脂質が血管の内側にたまることによって血管が狭くなり、動脈硬化の原因となります。

ライペックス10mgの主成分であるシンバスタチンは、体内で吸収された後で活性型に変化します。そして肝臓でのコレステロール合成を阻害し、LDL受容体の活性を増強させて血液中からLDLの取り込みを増加させることによってコレステロールを低下させる働きをします。

臨床試験によると、シンバスタチンを含むスタンチン系の薬を高脂血症の人が服用した場合、心筋梗塞などのリスクが約3%減少するとの結果が出ています。 特に狭心症や心筋梗塞が既に発症している人や、高血圧や糖尿病のある人に対しての効果は高いと言われています。

【大人】
服用開始量は夜に20-40mgを夜に服用します。
1日の最大服用量は80mgとされています。

【10歳以上17歳未満】
理想的服用開始量は1日10mgで、夜に服用してください。
1日の最大服用量は40mgです。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

以下の場合、ライペックス10mgを絶対に服用しないでください。

・ライペックス10mgの成分に対して過敏症の既往歴がある人
・肝トランスアミナーゼ値の異常な継続的上昇を伴う活動性肝炎の人
・イトラコナゾール、ミコナゾール、アタザナビル、メシル酸サキナビルを服用中の人
・妊婦・産婦・授乳婦

ライペックス10mg服用中は以下の症状が出ることがあります。
・筋肉痛、筋肉疾患
・通常上限の10倍以上のクレアチンキナーゼを伴う圧痛または脱力
・筋肉痛に続き、横紋筋融解症を伴う/伴わない急性腎不全
・まれなケースとして死亡
・血清トランスアミナーゼの継続的上昇

ライペックス10mgによる治療を開始する前または必要に応じて、肝臓機能検査を受けることが好ましいとされています。

アルコールを大量に摂取する人、肝疾患の既往歴がある人は、服用に充分注意してください。
横紋筋融解症の発現や肝障害の悪化などが起こることがあります。

腎障害または既往歴のある人は、服用に充分注意してください。

甲状腺機能低下症の人、遺伝性の筋疾患またはその家族歴のある人、薬剤性の筋障害の既往歴のある人は服用に充分注意してください。

ほかの脂質異常症治療薬と一緒に服用すると血清トランスアミナーゼが緩やかに上昇することがありますが、これはライペックスを服用するとすぐに起こる症状で、一時的なものであり、特に治療は必要ありません。

ライペックス10mgを服用すると、以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用
上部呼吸器感染、頭痛、腹痛、便秘、悪心・吐き気、下痢、じんましん、消化不良、鼓腸、無力症、かゆみ、脱毛症、皮膚の変調(結節、変色、乾燥・べたつきなど)、めまい、筋けいれん、筋肉痛、すい炎、記憶障害、知覚障害、末梢神経障害、嘔吐、貧血、横紋筋融解症、肝臓炎、黄だん、肝不全、抑うつ症など

・極稀に起こる重篤な副作用
過敏症、血管性浮腫、紅斑性狼瘡症候群、リウマチ性多発筋痛、皮膚筋炎、脈管炎、紫斑、血小板減少症、白血球減少症、溶血性貧血、抗核抗体陽性、赤沈亢進、好酸球増加症、関節炎、関節痛、じんましん、無力症、光線過敏症、発熱、悪寒、顔面紅潮、不快感、呼吸困難、中毒性表皮剥離症、多形性紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群など

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声

その他のオススメ商品

シムラップ (シンバスタチン) 10mg (10 錠)

販売価格(税込): 880 円

シムラップ (シンバスタチン) 10mgは、抗高脂血症薬!体内のコレステロール合成の抑制や、コレステロールの取り込みを促進作用で血中の悪玉コレステロールを減少。運動療法や食事療法と併せての使用が効果的。

アロー・シンバ (シンバスタチン) 20mg 90錠

販売価格(税込): 1,500 円

リポバス錠のジェネリック。世界で脂質異常症の治療に最もよく用いられている、スタチン系薬。体内でのコレステロール生成を抑制し、過剰な悪玉コレステロール値を効率的に低下。

アロー・シンバ (シンバスタチン) 40mg 90錠

販売価格(税込): 1,550 円

リポバス錠のジェネリック。世界で脂質異常症の治療に最もよく用いられている、スタチン系薬。体内でのコレステロール生成を抑制し、過剰な悪玉コレステロール値を効率的に低下。