TopPage > 皮膚の悩み > ロセリル・クリーム(塩酸アモロルフィン)0.25%(20g)
  • NEW
  • 医薬品

ロセリル・クリーム(塩酸アモロルフィン)0.25%(20g)

メーカー:
galderma Ltd ( 製造国 ニュージーランド)
Loceryl Cream (Amorolfine Hydrochloride) 2.5% (20g)
【有効成分】
塩酸アモロルフィン(Amorolfine Hydrochloride)

1日1回の使用で強力な効果を発揮する抗真菌薬!独特な作用機序により、従来の薬では効果が出なかった人に対しても有効性が期待できます!白癬、皮膚カンジダ、でんぷうなどの皮膚真菌症の治療に!
販売価格(税込): 6,060 円

ロセリル・クリーム0.25%は、白癬、皮膚カンジダ、でんぷうなど、皮膚真菌症の治療に使用する、クリームタイプの抗真菌剤です。

皮膚真菌症は、カビの仲間である真菌が皮膚の表層にある角質に入りこむことで発症する感染症です。中でも代表的な皮膚糸状菌は、ケラチンというたんぱく質を栄養分として繁殖しており、この成分によって形成されている爪、皮膚の角質、髪の毛などに寄生します。

真菌は高温多湿な場所を好むため、感染する可能性のある部位を清潔に保ち、通気をよくして乾燥させるなどを心がければ予防が可能です。しかし、それでも感染した場合には、通常は外用または内服の抗真菌薬を使用して治療します。その治療薬のひとつが、ロセリル・クリーム0.25%です。

真菌は、その形状を保つために細胞膜に被われており、細胞内の生化学反応系を外部から保護する働きを持っていますが、ロセリル・クリーム0.25%の有効成分であるアモロルフィンは、その合成を阻害することで抗真菌作用を発揮します。またアモロルフィンは独特な作用を示すモルホリン系抗真菌剤に属し、この過程において2段階でブロックするため、強力な抗真菌効果が期待できます。

なおロセリル・クリーム0.25%は、白癬菌、カンジダ菌、マラセチアなどの幅広い真菌に対応するだけでなく、ほかの抗真菌薬と作用点が異なるため、従来の抗真菌薬で効果が不充分な場合などにも有効です。

1日1回患部に塗布します。

【禁忌】
・ロセリル・クリーム0.25%の成分に対し過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・眼科用として角膜、結膜には使用しないでください。

【妊婦、産婦、授乳婦など】
・治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。

この商品に対するお客様の声