TopPage > 不妊・妊娠 > ルティナス膣錠 (プロゲステロン)100mg 21錠
  • 医薬品

ルティナス膣錠 (プロゲステロン)100mg 21錠

メーカー:
Ferring フェリング・ファーマ(製造国 ドイツ)
Lutinus (Progesterone) - 100mg (21 Tablets)
【有効成分】
プロゲステロン (Progesterone)

ルティナス膣錠 (プロゲステロン)100mgは、生殖補助医療における黄体補充に使われるプロゲステロン(黄体ホルモン)膣錠です。
販売価格(税込): 8,950 円

ルティナス膣錠 (プロゲステロン)100mgは、生殖補助医療(ART)における黄体補充に使われるプロゲステロン(黄体ホルモン)膣錠です。

日本では、2014年9月に承認され国内初の「生殖補助医療(ART)における黄体補充」を効能・効果とするプロゲステロン腟錠となりました。海外では、ルティナス膣錠は2007年6月に米国で承認されて以降、2014年9月までに世界36カ国で承認されています。日本では生殖補助医療(ART)における黄体補充に適応がある プロゲステロン製剤は、ルティナス膣錠以前は承認されておらず、デュファストン(内服)、プロベラ(内服)、プロゲステロン注射剤、プロゲデポー注射剤等が使用されてきました。

これらのお薬のうち、プロゲステロン注射剤を除いて「合成黄体ホルモン」となります。一方、ルティナス膣錠100mgは「天然型の黄体ホルモン」です。腟からの吸収に優れ、子宮内膜の着床環境を整えます。またアプリケーターを使って簡単に腟奥部まで挿入でき、速やかに崩壊する発泡性の腟錠です。

【臨床】
ルティナス膣錠100mgの臨床試験では、体外受精・胚移植又は卵細胞質内精子注入法を受ける日本人女性108例を対象に、採卵日翌日からルティナス膣錠 1 錠を1日2回又は1日3回、腟内に最大10週間投与しました。

この投与により黄体ホルモンは適切に補充され、胚移植例あたりの継続妊娠率は22,2% (90例の内20例)、1日2回投与時:14%(43例の内6例)、1日3回投与時:29,8%(47例の内14例)であることが確認されました。

プロゲステロンとして1回100mgを1日2回又は3回、採卵日(又はホルモン補充周期下での凍結胚移植ではエストロゲン使用により子宮内膜が十分な厚さになった時点)から最長10週間(又は妊娠12週まで)腟内に使用します。

1)アプリケータを包装から取り出してください
2)アプリケータの先端の装着部に錠剤を確実にはめ込み、
落下しないように注意してください
3)立位、座位又は仰向けになり、膝を曲げた状態で錠剤と
ともに、アプリケータをゆっくりと腟内に挿入します。
4)アプリケータの押し出し棒を押し、錠剤を放出します

※もし腟錠が出てきてしまった場合、ルティナス腟錠は、主成分である黄体ホルモンの吸収が優れている製剤のため、1時間ほど腟内に入っていれば、効果に問題はなく再度挿入する必要はないとされています。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

【使用上の注意】
・アプリケーターに異常がある場合や破損が認められる場合には、使用しないでください。
・アプリケーターを再使用する場合は、温水及び石鹸等で洗浄し、再使用前までに乾燥させておいてください。

【禁忌】以下に当てはまる場合は絶対にルティナス膣錠100mgを使用しないでください。
・ルティナス膣錠100mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・ 診断未確定の性器出血のある人
・稽留流産又は子宮外妊娠の人
・重度の肝機能障害のある人
・乳癌又は生殖器癌の既往歴又は疑いがある人
・動脈又は静脈の血栓塞栓症あるいは重度の血栓性静脈炎の人又は既往歴のある人
・ポルフィリン症の人

【使用上の注意】以下に当てはまる場合はルティナス膣錠100mgを慎重に使用してください。
・中等度以下の肝機能障害のある人
・てんかん、うつ病又はその既往歴のある人
・片頭痛、喘息又はその既往歴のある人
・心機能障害又は腎機能障害のある人
・糖尿病の人[糖尿病が悪化するおそれがある。]
・35 歳以上の喫煙者で、アテローム性動脈硬化症の危険因子を有する人

.【重要な基本的注意】
・うつ病又はその既往歴のある人は注意深く観察し、症状の悪化を認めた場合は使用を中止するなど注意してください。
・使用の中止により、不安、気分変化、発作感受性の増大を引き起こす可能性があるので、使用中止の際には注意するよう人に十分説明してください。
・傾眠状態や浮動性めまいを引き起こすことがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう人に十分説明してください。

【重大な副作用】
血栓症

(頻度不明) ルティナス膣錠の使用で、心筋梗塞、脳血管障害、動脈又は静脈の血栓塞栓症(静脈血栓塞栓症又は肺塞栓症)、血栓性静脈炎、網膜血栓症があらわれたとの報告があるので、このような症状又は初期症状があらわれた場合には、使用を中止し医師と相談してください。

【その他の副作用】
頭痛、傾眠浮動性めまい、不眠、疲労腹部膨満、下痢、便秘腹痛、悪心、嘔吐蕁麻疹、発疹、過敏症反応性器出血子宮痙攣、外陰腟障害、腟真菌症、乳房障害、陰部そう痒症肝機能検査異常 末梢性浮腫

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声

  • 病院で処方されない時におすすめ

    2015/08/10 投稿者:sally おすすめレベル:★★★★

    今回、妊娠しました。
    不妊治療で移植をする前にルティナスを処方されていたことがあったのですが、明らかに身体の感じが違いました。
    普段、私は生理前に胸がはることもないのですが、これを処方されていた時は張りました。その後に来た生理の量も多かったです。若返ったような感じがしました。
    結局、その次の周期で妊娠したのですがルティナスの効果が忘れられず、処方された余ったルティナスを2回ほど使用していました。
    移植後に使用しても、特に問題はなさそうでしたので、美肌ペディアさんで購入して今も使用しています。
     今回の妊娠との因果関係は分かりません。病院では保険の効かない薬と(ルティナス)、保険の効く薬(黄体ホルモン剤の注射)を保険の効く治療で行うことは、会計監査上問題があるため行わないそうです。本来保険でできる治療代もすべて自費扱いになってしまうようです。
     私の場合は保険治療を採用されたため、リーズナブルな反面、ルティナスを処方することは病院の事情上できないことが予測されました。
     まだ不安定な時期なのに病院がルティナスを処方してくれない、または、病院が休診で薬が切れてしまうのが心配だという方は、適応なのではないでしょうか。(個人の感じです。特に根拠はありません。)