TopPage > 禁煙補助 > ニコレット・クイックミスト(ニコチン)1mg/spray (13.2mL)
  • NEW
  • おすすめ

ニコレット・クイックミスト(ニコチン)1mg/spray (13.2mL)

メーカー:
Johnson & Johnson Ltd. ジョンソン・アンド・ジョンソン (製造国 ニュージーランド)
Nicorette Quick Mist (Nicotine) 1mg/spray (13.2mL)
【有効成分】
ニコチン(Nicotine)

吸いたくなったらいつでもシュッと1噴き!わずか60秒でニコチンを補給できるスプレータイプのニコレットです!禁煙成功率はほかのニコチン補助製品の2.5倍との統計も!
販売価格(税込): 8,520 円

ニコレット・クイックミストは、ニコチンを含んだスプレーを口に噴射することで、喫煙の衝動を抑えるスプレータイプの禁煙補助剤です。タバコを吸いたくなくなる効果はありませんが、従来の禁煙補助剤と比較して、2.5倍高い確率で禁煙に成功することが臨床的に証明されています。

タバコを止められない主な理由のひとつに、タバコに含まれるニコチンへの精神的・身体的依存が挙げられます。ニコチンの欠乏からくるイライラ、不安、眠さ、喫煙に対する欲求などの身体的依存と、朝起きたときの一服、仕事の効率アップ、食後など喫煙が生活習慣となる心理的依存のふたつの大きな理由が考えられています。

このニコチンによる禁断症状を軽減させる禁煙療法がニコチン置換療法で、通常はニコチンを有効成分とする禁煙補助剤が使われます。禁煙補助剤は、心臓や肺などに悪影響を与えると考えられている喫煙に代わり、別の方法でニコチンを体内に供給することで少しずつ禁断症状を低減させ、最終的にニコチン摂取量をゼロにするための有効な手段です。

ニコチン置換療法にはガム、パッチなどがありますが、ニコレット・クイックミストは必要なときにすぐに利用できるスプレータイプで、1回のスプレーで1mgのニコチンを摂取することが可能です。今までタバコから吸収していたニコチンをわずか60秒で口の内側から補給することができるため、喫煙の欲求を瞬時に解決してくれるだけでなく、ニコレット・クイックミストを使った禁煙は従来の方法よりも2.5倍効果的であることが臨床的に証明されています。そのため、ニコレット・クイックミストは本気で禁煙を考えている人のニコチン置換療法として最適な方法のひとつです。なお1本で約150回スプレーできます。

1.
かからないようにノズルを外側に向け、ミスト状になるまで上部を数回プッシュします。ニコレット・クイックミストを数日間使用しなかった場合も、この行為を行なってください。

2.
ノズルの先を開けた口に向け、ボタンをワンプッシュして口の中にスプレーします。その際、ミストが唇に付着しないようにし、またミストを吸い込まないように注意してください。

3. スプレーが終了したら、ボタンを内側に押し込んだまま下にスライドさせます。

以下は使用に関するガイドチャートです。

1-6週

30分ごとに1-2スプレー

7-9週

1日のスプレー回数を半分まで減らします

10-12週

1日に2-4スプレー

12週以降

クイックミストの使用を中止

最大使用量

1回2スプレー

1時間4スプレー

1日64スプレー


【禁忌】
・ニコレット・クイックミストの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・非喫煙者
・12歳以下の子供
・ほかのニコチン製剤を使用中の人
・ブプロンまたはバレニクリンを服用中の人

【慎重使用】
・心臓、血管に疾患のある人
・心臓発作、心筋症、重篤な不整脈の既往歴のある人
・糖尿病の人: 使用中は定期的に血糖値を観察してください。
・消化性潰瘍の人
・胃炎、食道炎、口腔内や食道に炎症のある人: 症状を悪化させることがあります。
・甲状腺機能亢進症の人
・褐色細胞腫の人
・極度に腎機能が低下している人
・中等度から重度に肝機能が低下している人
・妊婦、授乳婦

【使用上の注意】
・糖尿病を患う人の喫煙は、皮下注射から血中に吸収されるインスリン量を減らすため、一般により多くのインシュリンを必要とします。そのため、糖尿病患者で禁煙を開始する人においては、インスリン量の減量が必要になることがあります。
・ブプロンまたはバレニクリンを使用中の人におけるニコチン代替療法は現段階では推奨されていません。しかしながら、ほかの療法が利用できることもあります。
・スプレーが目に入らないようにしてください。
・使用の前後15分は飲食しないでください。
・ニコレット・クイックミスト使用前15分以内に酸性の飲料(コーヒー、ソーダ、フルーツジュースなど)を摂取した場合、口内で吸収されるニコチン量が減少することがあります。
・子供の手の届かない場所に保管してください。

【副作用】
頭痛、しゃっくり、嘔気、消化不良、味覚変化、唾液分泌増加、口渇、喉の痛み、口腔内のヒリヒリ感・痛み、口内炎、口唇灼熱感、めまい、咽喉絞扼感、吐き気、鼓腸、腹痛、下痢、疲労感、胸痛、胸不快感、歯痛、鼻水、鼻閉、いびき、息切れ、嗄声、チクチク感、歯茎・舌の炎症、心悸亢進、顔面潮紅、筋肉痛、関節痛、皮膚反応(皮膚乾燥、発疹、多汗など)、涙目、かすみ目、不整脈

この商品に対するお客様の声