TopPage > 制汗剤 > オーダバン・スプレー(塩化アルミニウム6水和物)(30mL)
  • NEW
  • 人気

オーダバン・スプレー(塩化アルミニウム6水和物)(30mL)

メーカー:
MDM Healthcare (製造国 イギリス)
Odaban Spray(Aluminium Chloride Hexahydrate)
【有効成分】
塩化アルミニウム6水和物(Aluminium chloride Hexahydrate)

1回の使用で24時間以上効果が持続する無色・無臭の制汗スプレー!汗や体臭の原因となる汗腺をブロックすることで、これらの不快さから解放します!手のひら、足の裏、顔などにも使用可能!
販売価格(税込): 9,180 円

オーダバン・スプレーは、多汗症やワキガの症状改善に使用されるスプレー・タイプの制汗剤で、わきの下や背中などだけでなく、手のひら、足の裏、顔などにも使用することができます。
 
多汗症とは、体温の調節に必要とされる以上の汗が分泌される状態で、ストレスや緊張など精神的な問題、遺伝、肥満、食生活、病気、更年期障害といったホルモンバランスの乱れなどが原因となり、交感神経が敏感になり過ぎることで起こると考えられています。生命に影響をおよぼすことはありませんが、異常な汗により日常生活に悪影響を与えたり、対人関係に支障をきたすこともあるため、精神的苦痛を受けることも多いようです。

汗は、皮膚にあるエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の管から出ます。このうちエクリン汗腺は運動後や暑いときなど、主に身体の熱を下げる目的のための汗を出す管で、手のひら、足の裏、わきの下を中心に数百万個存在していると言われています。多汗症の人の汗はこのエクリン汗腺からの汗で、その99%は水分であるため、サラサラした無臭透明な汗が特徴です。
一方のアポクリン汗腺は、わきの下のほか、陰部、外耳道などにある汗腺です。本来、ここから出る汗も無色無臭ですが、アンモニア、たんぱく質、脂質、鉄分などの成分とエクリン汗腺から出た汗、皮脂腺から分泌される脂肪などが混ざり合い、これが皮膚表面の細菌などによって分解されると異臭を発します。これをワキガと呼びます。ワキガには色素が含まれているため、洋服に黄色い汗ジミを作ることもあります。

多汗症やワキガの治療には、原因や症状によって薬剤療法、手術療法などが選択されますが、これらの汗を抑えるためのすぐれた制汗剤がオーダバン・スプレーです。有効成分である塩化アルミニウム6水和物は、防臭あるいは医療用の防汗剤としても利用されている成分で、塩化アルミニウム6水和物のアルミニウムイオンが汗の中に含まれる主にたんぱく質成分と結びつき、それが固まることで汗の出口である導管部に栓を形成して制汗作用を示します。
オーダバン・スプレーはエクリン汗腺とアポクリン汗腺のいずれの汗腺から出る汗に対しても有効で、特にわきの下からの発汗には有意な効果を発揮するとされています。毛細血管を収縮させて汗の分泌を抑制する一般的な制汗剤とは異なり、汗腺の深部に角栓を形成することで汗腺を密閉し、汗の産生を一時的に中断するため、1回の使用で数日間にわたって制汗効果が持続するのが特長です。
また手のひらや足の裏など、皮膚の厚い部分では、効果を高めるためにスプレー後にラップで包んでも問題ありません。

なお、オーダバン・スプレーはすぐれた制汗作用を発揮しますが、多汗症やワキガの原因を根本から治すものではありません。また使用を中止すると、症状が再びあらわれる可能性もあります。しかし、このオーダバン・スプレーの制汗作用による安心感で交感神経が落ち着くことから、精神的な原因による発汗を抑えることも期待できます。

1. 使用する前に、肌が完全に乾いた状態であり、また傷がないことを確認してください。濡れている場合は、ドライヤーやタルカムパウダーなどで乾かしてください。
2. 就寝前に適量をスプレー(通常は1スプレー)します。わきの下は中央部分の直径3-4cm程度に、また肌が敏感な人や顔面などのデリケートな部分に使用するときは、化粧コットンなどを使って塗布してください。
男性のわきの下に使用する場合は1-2スプレーが適量です。過剰にスプレーした場合はティシュなどで拭き取ってください。
3. 翌朝、石鹸と水で洗い流す、または濡れたタオルなどで拭き取ってください。その後、再スプレーは不要です。完全に乾いた後は、ほかの制汗剤や香水を使用することができます。
4. 期待する効果があらわれるまで毎晩使用しますが、その後は使用頻度を減らしてください。また必要以上の範囲へのスプレーは避けてください。

・使用開始のうちは一時的に刺激が起こることがあります。通常は時間の経過とともに収まりますが、刺激が続くようであれば、ただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。
・基本的に体のあらゆる部分に使用できますが、肌が敏感な人や顔面などのデリケートな部分に使用するときは、化粧コットンなどを使って塗布してください。
・必要な部分に対してのみ使用し、広範囲にわたってのスプレーは避けてください。
・使用部位に傷や炎症などがある場合は使用しないでください。
・妊娠中や授乳中でも使用することができます。
・わきの下を剃る直前直後は使用しないことが推奨されています。

この商品に対するお客様の声