TopPage > 抗がん剤 >その他 > オプジーボ点滴静注(ニボルマブ)10mg (4mL)
  • NEW
  • 医薬品

オプジーボ点滴静注(ニボルマブ)10mg (4mL)

EMS発送のみ
EMSのみ対応商品:(特別な場合を除き、他商品と同時注文の場合、EMSで一緒に発送されます)
Opdivo (Nivolumab) - 10mg/mL (4mL)
【有効成分】
ニボルマブ(Nivolmub)

第4のがん治療法と呼ばれる免疫チェックポイント阻害薬!がん細胞がつくり出す“免疫機能にブレーキをかける物質”の生成を阻害!T細胞が持つがん細胞を攻撃する力を高めます!
※当商品は要冷蔵商品のため、特別に保冷剤入り断熱性発泡スチロール箱を使用したEMS(国際スピード郵便)発送になります。
販売価格(税込): 175,600 円

オブジーボは、根治切除不能な悪性黒色腫、切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん、根治切除不能または転移性の腎細胞がん、再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫、再発または遠隔転移を有する頭頚部がんの治療に使用する抗がん剤で、従来の薬とは異なる作用機序を持つ抗PD-1抗体と呼ばれる薬です。

がん細胞は、免疫機能による攻撃を受けないようにPD-L1という物質を作り出し、免疫機能にブレーキをかけようと働きかけますが、オプジ―ボの有効成分であるニボルマブはそれを阻止し、がん細胞を死滅へと導きます。

高い効果を持つオプジーボではありますが、その治療は手術による治療が難しい人が対象で、さらに、以前、アレルギー反応(気管支けいれん、全身性の皮膚症状、低血圧など)を起こしたことがある人は、さらに重いアレルギー反応が出る可能性があるため、オプジーボの治療は受けられないだけでなく、自己免疫疾患、関節性肺疾患の既往歴がある人もオプジーボによる治療を受けられないことがあります。

■根治切除不能な悪性黒色腫
化学療法未治療の根治切除不能な悪性黒色腫の場合:
通常、成人は1回3mg/kg(体重)を2週間間隔で点滴静注します。

化学療法既治療の根治切除不能な悪性黒色腫の場合:
通常、成人は1回3mg/kg(体重)を2週間間隔または1回2mg/kg(体重)を3週間間隔で点滴静注射します。

■切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん、根治切除不能または転移性の腎細胞がん、再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫
通常、成人は1回3mg/kg(体重)を2週間間隔で点滴静注します。

【警告】
・オプジーボ点滴静注20mgは、緊急時に充分対応できる医療施設において、がん化学療法に充分な知識・経験を持つ医師のもとで、オプジーボ点滴静注20mgの使用が適切と判断される症例についてのみ使用してください。また治療開始に先立ち、有効性および危険性を充分理解し、同意を得てから使用してください。
・間質性肺疾患があらわれ、死亡に至った症例も報告されているので、初期症状(息切れ、呼吸困難、咳嗽、疲労など)の確認および胸部X線審査のための実施など、観察を充分に行なってください。また異常が認められた場合には、オプジーボ点滴静注20mgの使用を中止し、副腎皮質ホルモン剤の使用などの適切な処置を行なってください。

【禁忌】
オプジーボ点滴静注20mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人。

【慎重使用】
・自己免疫疾患の合併または慢性もしくは再発性の自己免疫疾患の既往歴のある人:自己免疫疾患が増悪するおそれがあります。
・間質性肺疾患のある人またはその既往歴のある人: 間質性肺疾患が増悪するおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・オプジーボ点滴静注20mgのT細胞活性化作用により、過度の免疫反応に起因すると考えられるさまざまな疾患や病態があらわれることがあります。観察を充分に行ない異常が認められた場合には角の免疫反応による副作用の発現を考慮し、適切な鑑別診断を行なってください。過度の免疫反応による副作用が疑われる場合には、間質皮質ホルモン剤の使用などを考慮してください。また、オプジーボ点滴静注20mg使用終了後に重篤な副作用が起こることがあるので、オプジーボ点滴静注20mg使用終了後も観察を充分に行なってください。
・間質性肺炎があらわれることがあるので、オプジーボ点滴静注20mgの使用にあたっては、臨床症状(呼吸困難、咳嗽、発熱など)の確認および胸部X線検査の実施など、観察を充分に行なってください。また必要に応じて胸部CT、血清マーカーなどの検査を実施してください。
・甲状腺機能障害があらわれることがあるので、オプジーボ点滴静注20mgの使用開始前および使用期間中は定期的に甲状腺機能検査(TSH、遊離T3、遊離T4などの測定)を実施してください。オプジーボ点滴静注20mg使用中に甲状腺機能障害が認められた場合は、適切な処置を行なってください。
・インフュージョンリアクションとして、発熱、悪寒、そう痒症、発疹、高血圧、低血圧、呼吸困難などがあらわれることがあるので、充分な対応のできる準備を行なった上で開始してください。また2回目以降のオプジーボ点滴静注20mgの使用時にインフュージョンリアクションがあらわれることもあるので、オプジーボ点滴静注20mg使用中およびオプジーボ点滴静注20mg使用終了後はバイタルサインを測定するなど、状態を充分に観察してください。なおインフュージョンリアクションを発現した場合には、すべての徴候および症状が完全に回復するまで充分観察してください。

この商品に対するお客様の声