TopPage > サプリメント > リラクセジン(バレリアン酸0.582mg/ロスマリン酸2mg) (30カプセル)
  • NEW

リラクセジン(バレリアン酸0.582mg/ロスマリン酸2mg) (30カプセル)

メーカー:
Minskintercaps (製造国 ベラルーシ)
Relaxedin (Valeric and Acetoxyvaleric Acid Rosmarinic Acid) - 0.582mg/2mg (30 Capsules)
【有効成分】
バレリアン酸(Valeric Acid)/ロスマリン酸(Rosmarinic Acid)

抗うつ・抗不安効果、睡眠障害の改善が期待できるサプリメント!天然成分から抽出した2種類のエキスが興奮した神経を鎮静へと導きます!副作用の報告はありません!
販売価格(税込): 1,800 円

リラクセジンは天然成分から抽出したエキスを主成分としたサプリメントで、神経衰弱症や睡眠障害などの中枢神経系の不安定性機能障害の改善が期待できます。

リラクセジンの有効成分のひとつが、オミナエシ科カノコソウ属の多年生植物であり、和名をセイヨウカノコソウというバレリアンです。このバレリアンを乾燥させるとネコやネズミを引きつけるとされる独特なにおいを発しますが、その反面で不安を減らし、筋肉の緊張をほぐして安静な気分にして眠りに導くなどの作用があることから、主にヨーロッパでは不眠の解消・鎮静、ストレス緩和などの効果を発揮する薬草とし古くから使用されています。

脳の活動速度の低下と心身のリラックスには、ギャバ(GABA/ガンマアミノ酪酸)と呼ばれる抑制性神経伝達物質が大きく関わっています。このギャバは脳内のギャバ作動性神経から放出された後、受容体と結合することによってドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑え、興奮した神経を鎮めることで抗不安、精神安定作用やそれに伴う鎮静、催眠作用を発揮する物質です。抗不安薬であるジアゼパムやトリアゾラムなどのベンゾジアゼピン系やバルビツレート系はこの受容体と結合することでギャバの作用を高めるよう働きますが、バレリアンもこれらと同じような機序を持つとされ、鎮静作用や催眠作用などを発揮すると考えられています。

またリラクセジンに含まれるもうひとつの有効成分がロスマリン酸です。ロスマリン酸はローズマリーをはじめとしてシソやレモンバームなどのシソ科の植物に多く含まれる植物性ポリフェノールで、抗酸化、抗炎症、抗細菌、抗ウイルス活性など、さまざまな効果を有するとされています。
ポリフェノールは動物には存在しない植物特有の生体成分で、樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味、渋み、アク、そして植物が光合成をするときに作られる成分で、植物自体の生成や活性、そして分裂を助け、外部からの有害物から自分を守るための生体防御物質です。その種類はフラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなど数千あると言われ、これらの物質の総称がポリフェノールです。

ポリフェノールはどの成分にも強い抗酸化力があると言われていますが、例えばアントシアニンは心臓病や認知症の予防、カカオマスは疲労回復やピロリ菌除去、カテキンはコレステロールの減少や血糖値の改善など、効果はその種類によってさまざまです。このうちロスマリン酸は過剰になった免疫反応を正常化させる働きを持つことから、花粉症やアレルギーの症状を抑制するほか、血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を予防する効果、また強い抗酸化作用によるシミやしわなどの老化を防止する美肌効果などにも有効だとされています。

さらに近年では、パーキンソン病やアルツハイマーに対する効果が報告されているのに加え、ロスマリン酸には抗うつ・抗不安作用としての働きがあることがわかってきました。特に、現在臨床で使用されている抗うつ薬と比較して、主たる薬理作用であるモノアミン再取り込み阻害作用やモノアミン酸化酵素阻害作用がないことから、これらの薬に代わる新しい成分としての開発が期待されています。

過剰興奮
通常、1日2カプセルを経口服用します。

睡眠障害
通常、就寝前に1カプセルを経口服用します。
なお服用期間は14日以上とします。

【禁忌】
・リラクセジンの成分に過敏症の既往歴のある人
・肝機能不全の人

【慎重服用】
・肝臓機能障害の既往歴のある人、または現在ある人
・ナイアシン、ニコチン酸、ニコチン酸アミドを摂取している人: 肝毒性が高まるとされています。

【使用上の注意】
・妊婦、授乳婦に対する安全性は確立していません。
・定められた用量を超えて服用した場合、副作用が出現するおそれがあります。
・長期服用による習慣性が報告されています。
・自動車の運転など危険を伴う機械を操作に従事する人は服用しないでください。
・リラクセジンの鎮静作用が高まるおそれがあるため、アルコールや鎮静作用のあるほかの薬剤と併用する場合は注意してください。

この商品に対するお客様の声