TopPage > 高血圧 > テラプレス-5 (塩酸テラゾシン) 5mg 7錠 ハイトリンのジェネリック薬
テラプレス-5 (塩酸テラゾシン) 5mg  7錠 ハイトリンのジェネリック薬
  • 医薬品

テラプレス-5 (塩酸テラゾシン) 5mg 7錠 ハイトリンのジェネリック薬

メーカー:
Intas Pharmaceuticals Ltd.( 製造国 インド)
Terapress (Terazosin) - 5mg (7 Tablets)
【有効成分】
塩酸テラゾシン(Terazosin Hydrochloride)

テラゾシン塩酸塩水和物を主成分とする高血圧治療薬。末梢血管のα受容体を遮断する効果があり、α遮断薬の一つとして高血圧の治療に広く用いられているお薬です。ハイトリンのジェネリック薬。
販売価格(税込): 1,450 円

テラプレス-5はハイトリンのジェネリック薬です。高血圧や前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善する薬で、交感神経性のα1受容体を遮断する働きのあるテラゾシン塩酸塩水和物を2mg含有しています。

前立腺平滑筋を収縮させるアドレナリンα1受容体の働きを阻害し、膀胱排尿筋を弛緩させることで尿道を広げ、前立腺肥大症で排尿が困難になった人の排尿を助けます。しかし、テラプレス-5はあくまでも対処療法用であり、前立腺肥大を根本から治癒させる薬ではありません。

α1受容体遮断により、交感神経が支配する末梢神経の血管収縮が抑制され、結果として末梢血管が拡張し血圧が下がります。そのためテラプレス-5は本態性高血圧症、腎性高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症の治療にも使用されています。

1日1回睡眠前に服用

・高血圧治療目的で服用する場合、最大摂取量は1日1-5mgまでです。
・1日1mgを超えて服用する場合は医師に相談してください。
・前立腺治療の場合は、薬の効き目を見ながら、ゆっくりと増量することができます。
・1日の最高服用量は10mgまでとしてください。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

テラプレス-5の成分に対して過敏症の既往歴がある場合は絶対に服用しないでください。

肝臓、腎臓に重篤な機能障害がある場合は、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

ホスホジエステラーゼ5阻害剤(PDE5阻害剤)を服用している場合は、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

高齢者は、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

起立性低血圧が現れることがあるので、体位変換による血圧変換に注意してください。

服用初期または用量の急増時などに、めまい、立ちくらみ、動悸、頭痛などが現れる場合があります。

降圧作用によるめまいなどの症状が現れることがあるので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械操作には十分に注意してください。

アレルギー体質の人は、副作用発現率が高くなることがあります。

前立腺肥大症に伴う排尿障害治療は原因療法ではなく、対症療法であるため、期待する効果が現れない場合があります。

高血圧治療としてテラプレス-5を服用する場合、高血圧の症状が緩和しても服用を続けてください。


「副作用」

テラプレス-5を服用中は以下の副作用が起こることがあります。
・発疹
・頭痛
・倦怠感、脱力感
・めまい、立ちくらみ、貧血
・動悸、胸痛、不整脈、頻脈
・低血圧、起立性低血圧
・ALT(GPT)、AST(GOT)、A1-P、LDH、ビリルビン上昇
・腹痛、下痢、便秘、悪心、嘔吐、食欲不振、消化不良
・ほてり、発汗
・不眠、眠気
・肩こり
・冷感
・口の渇き
・むくみ
・頻尿、尿失禁
・BUN、血中クレアチニン上昇
・鼻塞、息切れ、目の違和感、インポテンス、抗核抗体の陽性

また、以下の重大な副作用が起こることがあります。
・意識喪失
・肝機能障害

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声