TopPage > ホルモン関係 >甲状腺ホルモン > チロノーム 125mcg(120錠)
  • NEW
  • 医薬品

チロノーム 125mcg(120錠)

メーカー:
Abbott アボット( 製造国 インド)
Thyronorm - 125mcg (120 Tablets)
【有効成分】
チロキシンナトリウム(thyroxine Sodium)

不足した甲状腺ホルモンを補充するためのお薬。粘膜水腫、クレチン病、甲状腺機能低下症などの治療に効果を発揮します。甲状腺腫瘍を抑える働きも。
販売価格(税込): 3,130 円

甲状腺機能低下症は、全身がエネルギーを利用できなくなるために、無力感、低体温、体重増加、便秘、脱毛、易疲労、記憶力低下などの症状がみられるようになる病気です。原因は慢性甲状腺炎などによる原発性甲状腺機能低下症のほか、先天性甲状腺機能低下症であるクレチン症や異所性甲状腺腫など先天的な原因、産後やヨードの過剰摂取などによる一過性のもの、術後甲状腺機能低下症やアイソトープ治療後甲状腺機能低下症など、甲状腺の病気の治療に起因するものなどがあります。

一過性であれば、その原因を解決することでほとんど回復しますが、それ以外は不足しているホルモンを補うことに治療の重点が置かれます。そのための薬のひとつが、チロノーム125mcgです。甲状腺ホルモンには、その構造中にヨウ素が3つ含まれたトリヨードチロニン(トリヨードサイロニン)T3とヨードが4つ含まれたチロキシン(サイロキシン)T4の2種類がありますが、このうちトリヨードサイロニン(T3)の方が甲状腺ホルモンとしての作用が数倍強いといわれています。チロノーム125mcgの有効成分であるチロキシンナトリウムはロキシン(T4)で、体内でトリヨードチロニン(T3)へと代謝された後に効果を発揮すると考えられています。

チロノーム125mcgは1日1回の服用で安定した薬の濃度を保つことができるだけでなく、甲状腺ホルモンを補うことで基礎代謝を増大させ、コレステロール量の減少や、水・電解質の排泄の増加などの効果を発揮することが確認されています。

成人は25-400mcgを1日1回経口服用します。
一般に服用開始量には25-100mcg、維持量には100-400mcgを服用することが多いとされています。
なお年齢、症状により適宜増減します。

【禁忌】
・新鮮な心筋梗塞のある人: 基礎代謝の亢進により心負荷が増大し、病態が悪化することがあります。

【慎重服用】
・狭心症、陳旧姓心筋梗塞、動脈硬化症、高血圧症などの重篤な心・血管系の障害のある人: 基礎代謝の亢進による心負荷により、病態が悪化するおそれがあるので、使用する場合には少量から開始し、通常より長期間をかけて増量し維持量は最少必要量としてください。
・副腎皮質機能不全、脳下垂体機能不全のある人: 副腎クリーゼを誘発し、ショックなどを起こすことがあるので、副腎皮質機能不全の改善(副腎皮質ホルモンの補充)を充分にはかってから使用してください。
・低出生体重児、早産児: 低出生体重児や早産児では、晩期循環不全を起こすことがあるので、児の状態を観察しながら使用してください。
・糖尿病の人: 血糖コントロールの条件が変わることがあるので、使用する際にはこの点に充分は医療してください。
・高齢者

【重要な基本的注意】
・甲状腺機能低下症および粘液水腫の人は少量から使用を開始し、観察を充分に行ない漸次増量して維持量とすることが望ましいとされています。

【副作用】
●主な副作用
過敏症状、肝機能検査値異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇など)、心悸亢進、脈拍増加、不整脈、頭痛、めまい、不眠、振戦、神経過敏・興奮・不安感・躁うつなどの精神症状、嘔吐、下痢、食欲不振、筋肉痛、月経異常、体重減少、脱力感、皮膚の潮紅、発汗、発熱、倦怠感

●極稀に起こる重篤な副作用
狭心症、肝機能異常、黄だん、副腎クリーゼ、晩期循環不全、ショック、うっ血性心不全

この商品に対するお客様の声