TopPage > 感染症治療(抗生物質・抗菌剤) > チニバ500( チニダゾール)500mg 10錠 ハイシジンのジェネリック
  • 医薬品
  • ジェネリック

チニバ500( チニダゾール)500mg 10錠 ハイシジンのジェネリック

メーカー:
Zydus Healthcare ( 製造国 インド )
Tiniba (Tinidazole) - 500mg (10 錠)
【有効成分】
チニダゾール(Tinidazole)

チニバ500( チニダゾール)500mgは、細菌細胞のDNA二本鎖を断ち切ることで分裂・増殖を阻害する抗生物質。特に男女のトリコモナスに対して強い殺菌作用。ハイシジンのジェネリック薬。
販売価格(税込): 1,050 円

チニバ500( チニダゾール)500mgは原虫、偏性嫌気性菌、ほとんどの嫌気性バクテリアに対して抗菌効果を発揮する抗生物質で、主に膣トリコモナスなど原虫感染症の治療に使用されます。

トリコモナス症は、トリコモナス原虫が原因で起こる感染症です。感染部位により腸トリコモナス、口腔トリコモナスなどと呼ばれ、生殖器に感染し病原性を示すのは膣トリコモナスのみです。また一般的には膣トリコモナスは女性特有の感染症と思われがちですが、実際は男性も感染する病気で、男性の場合は尿道炎と似た症状を示すために、非淋菌尿道炎と診断されることが多いようです。

治療は通常、薬物治療が行なわれますが、トリコモナスは70-80%の確率で相手に感染しているため、パートナーがいる場合は同時に治療を開始します。このトリコモナスの治療薬のひとつがチニバ500( チニダゾール)500mgです。

細胞は細胞分裂を繰り返し、同じ性質や構造を持ったコピーを次々と作り出すことで増殖していきますが、このコピーの原本となるのがDNA(遺伝子)です。 DNAが自身の複製を作成するには、もともと二本鎖である構造を一本鎖へとほどき、それぞれの一本鎖に新しく合成されたDNA鎖を結合させ、新旧の対になった二本鎖DNAを作成することで増殖していきます。

チニバ500( チニダゾール)500mgの有効成分であるチニダゾールは、この二本鎖を切断して機能障害を起こす作用を持ち、その結果として細胞の分裂が妨げられることで細菌の増殖が抑制され、膣トリコモナスには対しては殺虫的に、またバクテロイデス属、ペプトコッカス属、ペプトストレプトコッカス属、クロストリジウム属などの嫌気性菌には抗菌力を示します。

チニバ500( チニダゾール)500mgのこの作用は、熱帯・亜熱帯地方に多くみられ、下痢や腹痛などを引き起こす原虫感染症であるランブル鞭毛虫症(ジアルジア症)や、赤痢アメーバが原因で起こる病気で、下痢、粘血便などの症状が現われ、悪化した場合は腸穿孔や腹膜炎を引き起こすアメーバ赤痢(アメーバ性肝膿瘍などを含む)にも有効です。
さらに低悪性度胃リンパ腫の人のヘリコバクターピロリ感染症の治療についても、現在研究が進んでいます。

●トリコモナス(男女とも)
通常、成人は1回チニバ500( チニダゾール)4錠を、1日1回食後に経口服用します。

●ランブル鞭毛虫症
通常、成人は1回チニバ500( チニダゾール)4錠を、1日1回食後に経口服用します。

●急性アメーバ赤痢
通常、成人は1回チニバ500( チニダゾール)4錠を、1日1回2-3日間食後に経口服用します。
効果が現われない場合は10日間連続服用してください。

●アメーバ性肝膿瘍
通常、成人は1回チニバ500( チニダゾール)4錠を、1日1回3日間食後に経口服用します。
効果が現われない場合は5日間連続服用してください。

●術後感染
通常、成人は手術の約12時間前にチニバ500( チニダゾール)4錠を経口服用します。

●細菌性膣炎
通常、成人は1回チニバ500( チニダゾール)4錠を、1日1回2日間または、1回2錠を1日1回5日間食後に経口服用します。

※使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。ご使用に際しては必ず医師・薬剤師に相談し、副作用などについて理解された上でご使用ください。

以下の場合、チニバ500( チニダゾール)500mgを絶対に服用しないでください。
・チニバ500( チニダゾール)500mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

・血液疾患のある人: 血液疾患を悪化させるおそれがあります。

・脳、脊髄に器質的疾患のある人: 類似化合物の長期服用により、脳波などに異常を認めたとの報告があります。

・妊婦(3ヵ月以内)または妊娠している可能性のある人: 経口服用により胎盤関門を通過して胎児へ移行することが知られています。
妊娠4ヵ月以降は治療の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

チニバ500( チニダゾール)500mgは主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため高い血中濃度が持続するおそれがあるので、用量または服用間隔に留意するなど慎重に服用してください。

小児に対する安全性は確立していません。

チニバ500( チニダゾール)500mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃部不快感、舌苔、腹痛、下痢、白血球減少、頭痛、頭重、口渇、倦怠感、尿着色など

※ご使用の際は、医師の指導のもと、使用方法を十分に理解した上で正しくお使いください。当サイトの商品説明は、お客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。

この商品に対するお客様の声

その他のオススメ商品

ゾコンTキット (フルコナゾール/ チニダゾール) - 150mg(2錠) / 1000mg(1錠)

販売価格(税込): 695 円

膣カンジダ、トリコモナス膣炎、細菌性膣症など複数の感染症を同時に殺菌できる、フルコナゾール錠とチニダゾール錠セット。それぞれ単剤で服用するよりも低用量で済むため副作用も少なく、1回の服用でも良好な効果が期待できます

ファシジン(チニダゾール)500mg 100錠 ハイシジンのジェネリック薬

販売価格(税込): 4,890 円

ファシジン(チニダゾール)500mgは男女のトリコモナスなど原虫感染症の治療に使用される抗生物質です。トリコモナスは4錠を、1日1回食後に経口服用します。パートナーがいる場合は同時に治療を開始します。ハイシジンのジェネリック薬。ファイザー製薬製。